どっちが防犯性に優れているか比較~鍵交換に適したものを探す~

そこに置いたら危険!盗まれるリスクが高い場所 そこに置いたら危険!盗まれるリスクが高い場所

暗証番号タイプと一般タイプだとどちらが防犯に最適なのか

鍵にもいろんな種類がありますが、鍵交換するなら防犯性が高いものにしたいと感じます。一般的なタイプの鍵と、暗証番号タイプのメリットとデメリットを把握すれば、どっちが防犯性に優れているのかを見極められます。

一般的によく使われる鍵

ディスクシリンダー錠
日本の戸建てや集合住宅でも広く使用されているタイプで、普及当時は人気を博していました。シンプルな構造をしていますが、ピッキング犯にとってはおもちゃ同然の代物なので、簡単にこじ開けられてしまいます。
ピンタンブラー錠
鍵の刻みが一方向しかないのが特徴です。住宅や集合住宅の扉は勿論、机の引き出しやロッカーでも使用されています。一方向の刻みは、ピッキングされにくくするために加工されていますが、防犯性は低めです。

一般的に普及している鍵は簡単に開けられやすい

広く普及している鍵だと、ピッキング・バンピング・サムターン回しで簡単にこじ開けられてしまいます。鍵穴がある事を前提とした手口なので、家のセキュリティを高めるために、鍵穴がない暗証番号式に鍵交換しましょう。

鍵交換をするなら防犯効果の高いものを取付ける

家の模型

暗証番号型の鍵は、何といってもキーレスで使用できるところです。暗証番号を入力するだけで、家を出入りできるので、セキュリティ性が高まります。鍵を持ち歩く手間も省けるので、鍵紛失や盗難によって空き巣に遭うリスクが減らせます。鍵穴がないため、ピッキング手口などで侵入されにくいですが、利用時に暗証番号が他人に知られてしまう事もあります。子どもが友達や他人に暗証番号を教えてしまったら、すぐに番号を変更しましょう。

TOPボタン