置き鍵の危険性~暗証番号タイプに鍵交換するメリット~

そこに置いたら危険!盗まれるリスクが高い場所 そこに置いたら危険!盗まれるリスクが高い場所

置き鍵はいけない~盗まれる危険性大~

ピッキング

鍵は、家族しか知らない場所に隠している大丈夫だからと油断するのは禁物です。置き場所によっては、空き巣被害に遭うリスクが高まります。

隠しているつもりでも実はバレバレな置き場所

鉢植えの下に置いている
玄関や庭先に鉢植えを設置するのは、どの家庭でもみられるので不自然には見られにくいです。そのため、鍵を隠すのに最適と思われがちです。しかし、鉢植え下は誰もが思いついてしまう隠し場所だからこそ、十中八九見つかります。
郵便受けの中
敷地外側から、唯一第三者が簡単に触れられるのが郵便受けです。手紙や届け物を中に入れるために、第三者でも簡単に開け閉めできるので隠し場所には向いていません。個人情報を盗み出そうする悪質な人もいるので、危険です。
小窓に置いている
住宅裏側の小窓を利用すれば、見つかりにくいと思われがちですが、窓を開けっぱなしにしなければならないので、見つかる危険があります。鍵の隠し場所としても、鉢植えの下や郵便受けの中同様、定番化しています。

考えられる二次被害

空き巣被害に遭ったら、二次被害を警戒しましょう。窃盗犯は、置き鍵を使って不正に合鍵を作るケースもあります。気軽に侵入し、証拠を少なめにして物品や金品を持ち出されてしまいます。また、帰宅時に窃盗犯と屋内で鉢合わせする危険性も高まります。堂々と自宅に侵入されないために、すぐに鍵交換を行ないましょう。

鍵を持たせたくない人向け~暗証番号タイプの鍵~

一般的に、穴に鍵を差し込むタイプはセキュリティ性が高いですが、盗難や紛失が怖いです。頻繁に鍵をなくすなら、暗証番号タイプに鍵交換をしましょう。鍵を持たずに済むので、あらゆる不安から解放されます。

鍵を持たなくても良い

子どもと旦那がよく鍵を失くしてきます。もう鍵を持たせたくありません。ですが、置き鍵は危ないと聞きました。何か良い方法はないですか?
暗証番号タイプのものに鍵交換をすれば、外出時に鍵を持ち歩かずに済みます。そのため、鍵の紛失や盗難の心配がなくなります。また、自動で施錠してくれるので、玄関の閉め忘れを未然に防げるでしょう。暗証番号設定も、好きな番号順に切り替えられます。定期的に番号変更をすれば、家のセキュリティ性が上がり、空き巣侵入リスクが低くなるのです。暗証番号錠は、鍵を頻繁に紛失したり、玄関の閉め忘れをしたりする人に適した錠といえます。

暗証番号タイプのものに鍵交換をしよう

鍵

暗証番号タイプの鍵は、何といってもキーレスで使用できます。また、オートロックシステム付なので、鍵紛失や施錠し忘れの不安から解消されます。また、家族全員にスペアキーを持たせずに済むので、専門店で複数のスペアキーを作る手間とお金を節約できます。その他、一般の鍵とは異なり、鍵穴がありません。そのため、ピッキングやサムターン回しによる不法侵入リスクを減らせます。自宅のセキュリティ性を向上させられるでしょう。

TOPボタン